燐寸倶楽部
http://www.matchclub.net/
燐寸百選 オンラインショップ
matchcollections.com
燐寸倶楽部
■幻の横浜マッチ


1988年3月25日刊(横浜開港資料普及協会発行)の「横浜もののはじめ考」によると、 明治8年1月22日付『横浜毎日新聞』に弁天通の持丸幸助がアメリカから機械をとりよせ マッチ工場を作ったという記事がでている。

マッチ製造の元祖は明治9年秋東京で製造を始めた清水誠が通説であるが、横浜の方が早かったことが分る。

また当時の新聞に「明治8年開業大日本極上品汽車マッチ」として広告がでている。

明治9年8月17日付『浪花新聞』には「近頃横浜製のすり附木(マッチ)を始て実見しましたが、 舶来品に勝りこそすれ劣りません」という投稿記事がある。

マッチの表には「汽車の列している絵」が付いていたというから横浜マッチである。

このマッチ工場の支配人は米人ブラウァーであったらしい。

ところが明治15年以降は横浜マッチに関する記録は全く見られなくなった。
どうも頓挫したらしい。

写真のマッチは平成7年に横浜グッズとして復刻販売した横浜マッチである。


黒田 康敬
2005年02月01日
↑メニューに戻る

クラブオーナー:兼松日産農林株式会社マッチ部
企画運営事務局:ノスタルジア・商品開発有限会社燐寸文化研究所
代表メールアドレス:
©1999-2016 MatchClub All rights reserved.